過払い金には時効があるのでまずは専門で確認を

過払い金請求の相談について、多くの司法書士事務所などがラジオを中心としたCMを流しているのを良く耳にすると思います。スマホやパソコンでインターネット閲覧している時に、広告が表示される方もいらっしゃるのではないでしょうか。
CMの中でも、頻繁に用いられるフレーズ「過払い金が最高裁判所で認められてもう直ぐ10年!」、更に「10年で過払い金は消滅します!」とも言われています。恐らく過払い金が認められた最高裁判所の判決は、平成18年1月13日の判決を指しているのだと思うので、もう直ぐ10年を迎えます。
しかし、この10年間と過払い金が消滅してしまう「時効」には関係はありません。確かに過払い金には時効がありますが、それは最後の取引から10年間と言うものとなりますので、混同しないように注意が必要です。
抑も利息制限法の上限金利は、借入金額に応じて15%~20%となっているのですが、最高裁判所が過払い金を認めるまで、多くの消費者金融会社は、契約金利を出資法の上限金利である29.2%を適用していました。この差の部分を当時は「グレーゾーン金利」と呼ばれ問題視されていたのです。
この利息制限法の上限金利を超えた返済を繰り返していた金利分の金額が、「過払い金」と呼ばれるものです。
どうでしょう?、10年以上前に消費者金融のキャッシングを利用していた経験がある方なら、「自分にも過払い金があるのではないか」と気になるのではないでしょうか?。
そこで、CMで見聞きする司法書士事務所や弁護士事務所へ相談してみて、過払い金の有無を確認することが大切になります。または、借金減額シュミレーター口コミサイトなどをみて自分で確認してみることが重要です。

司法書士事務所など専門家に過払い金請求を依頼するには、着手金や成功報酬などの費用が掛かりますが、現在多くの事務所が「過払い金の確認までは無料」としていますし、「費用は取り戻した過払い金の中から」としているので、安心してまずは確認だけでもした方が良いと思います。
気になる時効についてですが、10年前までに完済している場合は、確かに時効を迎えてしまう可能性がありますが、肝心なのは最後に返し終わった日です。10年以上前からキャッシングを利用し始めたけど返し終わったのは5年前と言う場合は、時効までまだ5年が残されています。
時効が近いと思われる方こそ、急いで確認してもらった方が良いと思います。

アルバイト・派遣社員と社員だとの消費者金融の対応の違い

これは自分の経験です。

とある会社で、アルバイトから社員になることになりました。

週払いで給料をもらっていましたが、社員になることで月払いに。

月末締め翌月20日払いになると言われました。

今まで毎週もらっていたのが、収入が止まることに。

これは困りました。

会社にも相談したのですが、ひどいことを言われました。

お金でも借りて自分で何とかして欲しいと。

この時点で止めればよかったのですが、お金に困っていたのでお金を借りることにしました。

週払いの派遣社員と社員では、お金を借りる時の対応が全然違います。社員だとスムーズです。

アルバイトや派遣社員だと、突然仕事を辞めたりして支払いができない可能性が起こることがあるからだと思いますが、イマイチ信用されてない気がします。

安定した収入が得られる社員になるといいうことは、本当に大事ですね。

お金を借りる時は審査を受けるのですが、審査結果も社員だとすぐ来ます。

アルバイトや派遣社員だと、審査が長くなったりほとんどがお断りの連絡来ます。

まあ、アルバイトの身分でお金を借りなきゃいけないほど生活に困っていてはまずダメですよね。

あんまり借りすぎていると、いざという時にまとまったお金を借りれない事態も起こってしまいます。

自分のように、給料が止まってしまいお金を借りなきゃいけない状況はゼロではありません。

一番いいのは、日頃から無駄遣いしないで貯金をしておくことだと思います。

給料1ヶ月分は最低の目安だと、自分の経験から思います。

新たな借り入れと完済を繰り返すテクニック

これは恐らく、大抵の個人事業主や小規模事業経営者などの方はされている方法かもしれませんが、現在私が実際にやっている方法について、今から触れてみます。記事タイトル名も、「新たな借り入れと完済を繰り返すテクニック」となっていますが、まさにそれを行う事です。一般的に消費者金融事業者や銀行などが扱うキャッシングサービスなどは、利息年率が高めなのが通常です。このため、なるだけ利息が低めな銀行系の商品などを多めに借り入れたりして、銀行以外の消費者金融事業者などが扱う、もう既に借り入れをしている商品などを完済をしていくというやり方が、大変お勧めです。また、銀行系の商品でも利息が高めなところがあったりします。そうした場合でも利息が低めの銀行からの借入を多額に行い、高めのところのものを完済していくというやり方も、やはりベストな方法といえます。これはその商品を扱う事業者や銀行、信用金庫などにもよりますが、商品によっては完済した事をもって、その時効の開始が過去に遡及する効果が発生をして消滅し、借り入れを新たにした時点で新たなそこからの時効が発生をするという商品などもありますので、その機能を利用しながら、貸し借りを繰り返していく方法がまさにこの記事で言いたい内容であり、方法や手段のあり方でもあります。ただし、商品によっては完済後に商品本体が消滅する特約があるものなどもあったりしますので、完済後また新たな他の事業者や銀行等との契約をして、新たな借り入れをした方が無難かもしれません。

借金からの脱出方法と意外な問題点

借金生活とは、誰にとっても嫌なものです。借金を抱えている人は皆、一日も早く完済して楽になりたいと願っているに違いありません。しかし借金問題とは、なかなか思うように完済できないからこそ厄介なのです。そもそもすぐ返せる借金ならば、最初から問題などにはなりません。

そんな借金から一日も早く脱出するためには、節約や副業などで毎月の返済額を増やして、とにかく頑張るしかありません。地道でシンプルな方法ではありますが、結局、それが最も確実で現実的な方法だと言えるでしょう。

しかし、この方法にも問題点はあります。それは、節約するにしても副業で稼ぐにしても、限界があるということです。もしも限界を超えて無理をしてしまうと、体を壊してしまうことになります。実際、そんな人は世の中には大勢いるのです。

また、たとえ体を壊すようなことはなくても、心を壊してしまう場合もありますので要注意です。何しろ借金に追われて生活をすると、それだけで相当のプレッシャーとなるのです。それがきっかけで心を病んでしまうこともありますし、そうなれば更に悲惨な事態に陥ってしまうのです。

それに心の病というものは、正常と異常の境界線は非常に曖昧です。借金生活においては、実はこのグレーゾーンの状態こそが非常に困った問題なのです。何とか正常の範囲内に踏みとどまって完済できるようにするためには、気をしっかり持つことしかありません。そして気をしっかり持つための最大のコツとは、絶対に孤立しないように努めることです。そうすれば何とか完済まで辿り着くことができますので、希望を捨てずに頑張りましょう。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !